今日は
ご兄弟に障害を持っておられ
数年前、亡くなられたんだけど・・・
その方のお兄さんの思い・・・
そんなお話を聞きにいきました
(これは、誘われて行ったんだけどね)

このような話はもう何十回と色々な講演を
聞いているので
周りの人が涙するほど
私にとっては珍しい話でもないわけですが

それでも今日はその人が
もう亡くなられた両親のご苦労された話
兄弟で頑張って、見守ってきた話
頑張った家族の13年を聞くうちに
気になったことがあったので
書き込んでおくねぇ~~

障害はたいへん重くて
脳がほとんど無い状態で生まれ
余命1年と言われながら13年生き延びたそうです
すごい生命力と家族がどれだけ苦労されたか・・・・

そんな中で家族は結束し
感謝の日々・・・・

すばらしいです!!

でも講演の後半
「たくさんの感謝日々でしたが
 まだまだ気づいてないことがあると思います」と
言われました

そう・・・それって
自分の本当の気持ちではないですか?

後回しにし続け・・・もう気づきもせず
もう気づきたくもない


本当は寂しかった!

本当は苦しかった!

お母さんはいつも弟ばっかり!

いつも弟を面倒見てる自分があたりまえ!

いいとこは全部弟がもっていく!

僕をみてーーーーっ!

では・・・ないのかな・・・

自分の本当に気持ち
気づいてほしいなぁ・・・・
そして、一番頑張った自分を褒めてあげてほしいなぁ・・・

「私!すっごい!寂しかったんです!」

って言ったら私、
きっと講演中、大泣きしただろうなぁ~
泣き崩れただろうなぁ~~

それでもこの先、色々な人の色んなご苦労された話や
悩みを聞いて行くのだったら、自分のそこを気づいて
そして、たくさんの人のそこをわかってあげてほしい


まぁーそんなことあの場でいえないだろうけどね 

でも、これからの時代、そんなことが大衆の面前言える人が
たくさん出てきてほしいなっ


おわり